滞納してしまった後は

借金を返せないと、借入先の金融会社から、督促状が届きます。督促状には、これまでに借り入れた金額の合計や、払うべき利子などが記載されています。こうした督促状も無視していると、裁判所から令状が届きます。この令状はけっして無視してはいけません。家財などが差し押さえられる危険があるからです。また、もし、借入先が正規の金融会社ではなく、闇金などだった場合、酷い嫌がらせが起きる場合があります。例えば、職場に押し掛けてきたり、玄関に、金を返せなどと書かれた張り紙を貼られるなどです。また、さらに酷い場合には、暴力を振るわれる場合もあります。闇金とは恐ろしい所なのです。もし、闇金の人間に暴力を振るわれたら、すぐに警察に駆け込むべきです。闇金は違法な金利で商売をしているので、警察に言えば、返済義務を帳消しにしてくれるかもしれません。

 

借金の返済が絶対にできないというのであれば、どうなるのかというと、自己破産という道が残されています。これは、あなたが支払わなければならない借金を帳消しにしてくれる国の制度です。返済義務がなくなる代わりに、財産を持つことを制限されるようになります。例えば、豪華な装飾品を持つことはできなくなります。また、借金を返さないので、借りた先には多大な迷惑をかけることになります。また、もし、借りた先に、違法の金融会社がいた場合、酷い嫌がらせを受ける可能性もあります。闇金は執拗なので、自己破産をしても借金を返せと、酷い言いがかりをつけてくる可能性もあります。

 

こうしたことにならないようにするためには、無理のない返済計画を立て、キチンと返済していくことが大事です。

関連ページ

過払い金請求の注意点
借金を返済出来ずに滞納してしまった。その後についてと解決方法。
時効について
借金返済の時効について。返済出来ずに滞納してしまった。その後についてと解決方法。
返済の方法
借金の返済方法について。その後の解決方法。